初テスト

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 21:07

妻が、無料で受けられるテストを見つけて来たので、この度、受けさせてみた。
こちらのねらいとしては、まあ日々、学習をしているわけだが、
ゲームの時間との引き換えの学習という事もあり、どうも雑である事が気にかかっていた。
(誤りを消しゴムでちゃんと消さなかったり、
そのせいで結局書いた数字が何だかわからないものになってしまっていたり)

なので、結果うんぬんはまあどうでもよくて、
キチっと書かなければ誤りになる世界というものを体験し、
もしそのキチっと書かなかった事で誤りになったら、そこで悔しい思いをしてもらおう、
というものだったのだが、

 

結果としては、意外にもそういう事はまったくなく、
そういう場におかれれば、場に合わせて、キチっとする奴なのだなあという事がわかった。
そしてそのキチっとのおかげで、成績も上々で、
国語+算数で200満点中の180点なので、9割をとったという事になる。
という事で、悔しい思いをさせるという狙いは外れたので、
「ほうら日々勉強をする事でこうして良い成績が出て、こういう順位をとれるんだよ」、
という、努力する事で結果を得られる喜び体験へとシフトさせる事にした。

 

しかしまたそれは、こちらにとってもそれはあった。
日々息子から勉強の事であれこれ聞かれた時に、
なるべく簡潔にわかりやすいように工夫して教えたり、

そういう事もまあ、自然にやってることとはいえ、こちらの日々の努力と言えば努力である。
そういう日々教えていた事が、ちゃんと息子の身になっていて、
そのような問題が出された時に、自分で考え、正答を導けるようになっていたのだなあ、という。

 

あとはこれをなるべく先までつなげて行くという事だけが大事である。
自分の経験上、小学校低学年のテストはほぼ90点から100点は当然だったが、
3年生ぐらいから、理科とかがあやしくなって来て、

そして中学1年の最初の中間テストくらいまでは順位が1桁台だったものの、

その後はもう、まじめに勉強する輩に追いつかれ追い抜かれ、どうにもこうにも下がる一方であったからだ。
しかしまあなにをどうやっても息子も父と同じ道をたどる可能性も十分あるわけだが、
予測できている以上、それを避けたいというのが人情というものであろう。
とにかく、自分は父が教育パパで、無理やり家庭教師をされたりするのが嫌でたまらず、
そのせいで勉強を嫌いになった部分もあるように思うので、自分はそうしない。
学習は自主的にやってもらうし、そもそもテストに出る部分だけが学習ではないのだから、
テストの点数というものにもこだわらない。
とにかく学習というものに嫌悪感を持たずに、できるだけ楽しく、
パズル感覚やゲーム感覚で学んでもらいたい(レイトン教授とかああいうのとか)。
総じて、思考する事の楽しさ、というものをなるべくもってもらいたい、と思う。
 

スポンサーサイト

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 21:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM