通学路

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 09:42

最近は休みの日というと、そりで息子を引いている。
基本ただ近所を引き回しているだけなのだが、
いよいよ小学生という事で、通学路を覚えてもらう為に、
少々退屈でも毎回通学路コースを行きも帰りも通っている。
そして小学校の玄関とかまで入り、「ここが3年生から6年生の玄関か」、
「こっちが1・2年生の玄関だね、今の一年生は3クラスまでか」等と軽く勝手に見学もしている。
小学校自体は自分も通った言わば母校なわけだが、大幅に改修されており、
面影はほとんど無いので、なつかしい感じはまったくない。
が、やはり道は、通学路は部分部分懐かしいものがある。
通っていた書道教室の家だとか、当時から終わってた食堂だとか。
当時あったスナックナナ(当時営業してたかどうかは不明)とかはさすがにもはや影も形もないが、
そういう事を思い出しながらしんみりと、通学路散歩をしている。
しかしまあそもそもこうして今も、自分が子供の頃に育ったのと同じ地区に住まっている事自体、
たまたまと言えばたまたまなのであるが、
そもそもの自分の小学校時代への郷愁の感情というものに、
実際に当時と同じ道を通るという物理的な郷愁が加わった日には、
いやおうなしの強烈な郷愁とともに、経年というものについてもしみじみと考えさせられる。
あれから約30年ほどの月日が経過しているのだ、と。
親は、自分が小学生だった頃、今の自分の立場で子育てを日々行い、
そこから30年経過し、ジジババになったのだと。
当然自分もここから30年が経過すれば、そうなるのだと。
当たり前だが、人生とは、有限な概念だというわけだ。
日々日々残り時間は減っていく。
常に残り時間とにらめっこしながら生きて行く必要がある。
しかしまあ、それで焦る様な思考にあってはならず、
あまりそういった事は意識せず、のんびりと、日々を、なるべく楽しく生きるだけだよな、
そしてなるべく健康で長生きし、
そんな30年後、孫とこのそり引きが出来ればいいなあ、などなど、とりとめもなく色々と。

スポンサーサイト

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 09:42
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM