UNO

  • 2016.05.06 Friday
  • 20:51
ここの所3ヶ月くらい?それ以上?
おそらく毎日UNOを欠かさずやる日々。

ちなみにUNOというものは、ゲームが終わった後は、
色や数字で固まってしまって、なかなかシャッフルされないわけだが、
そこの所は、いちいち、地道なシャッフルを、それ自体も遊び感覚で行っている。
(やり方:まず4色にカードを分ける。ワイルドとワイルドドロー4も分けておく。
そして、各色一枚づつ順番にとって行く。
かつ、その4枚の内の一枚は、どれかの色の記号カードを取る。
かつ、記号カードは、スキップ、リバース、ドロー2と順番に取るようにする。
具体的にいえば、赤青黄緑の順で取っていくとしたら、
まずは赤数字、青数字、黄数字、緑のスキップ、と取る。
次は、赤数字、青数字、黄リバース、緑数字、と取る。
次は、赤数字、青ドロー2、黄数字、緑数字、と取る。
次は、赤スキップ、青数字、黄数字、緑数字、と取る。
次は、赤数字、青数字、黄数字、緑リバース、と取る・・・という具合。
また、適当な所で、ワイルドやワイルドドロー4を取っていく。
全部取った後に、通常のシャッフルを行う)
で、そのシャッフルしたカードを使い切るまで何ゲームか行い、
全部使ったら、またシャッフル、という具合。
またゲームの途中で山が無くなったら、使ったカードを裏返してごちゃまぜにして、
そこから引いていく、という方式をとっている。

また、負けた方が"一人UNO"をする場合もある。
これは、その名の通り一人でUNOをするというもので、
要は、どういう順番で出せば上がれるか、という頭の体操、という話である。

また、トランプで、「ラストワン」というゲームをやるときもある。
これは何かというと、何の事はなく、単にトランプ版UNOである。
2がドロー2、3がドロー3、8がワイルド、Jがスキップ、Qがリバース、
そしてジョーカーは抜くルールだが、勝手にワイルドドロー4としてやっている。

 

スポンサーサイト

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 20:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM